読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の記憶と記録 momochen/Das Reisetagebuch

ヨーロッパ大好き。1人旅、複数旅。基本すべて個人手配の自由旅日記。夢は世界一周!

28/03/2017 Firenze②

【ウフィッツィ美術館と念願のクーポラ】

今日はウフィッツィに行きます。
f:id:momochen:20170410164330j:plain
ホステルとは思えない豪華な朝食@アルキロッシ

f:id:momochen:20170410164356j:plain
前日に時間予約付きの前売り券を購入。

予約なしでも入れないことはないですが、同室の人は二時間並んだらしいです。( ゚ε゚;)

予約料はかかりますが、時間のない旅人は予約した方が賢明です。

10時の予約でほぼ時間通りに着くと既に行列が。予約してても並びます。3月って意外と混むんですね。団体さんも多い。

10分ぐらい待って、セキュリティチェックを受けて入館。ペットボトル持ち込み禁止みたいです。

ウフィッツィは広くて見所が多く、人も山盛りなので、私みたいにあんまり真剣に観なくても結構時間かかります。
f:id:momochen:20170410164423j:plain
ジョット 玉座の聖母子
f:id:momochen:20170410164456j:plain
ボッティチェッリ ヴィーナスの誕生
f:id:momochen:20170410164552j:plain
ボッティチェッリ プリマヴェーラ

途中にテラスがあり、外に出られます。カフェもあります。休憩したかったけど満席。
f:id:momochen:20170410164829j:plain
ヴェッキオ宮近っ
f:id:momochen:20170410164847j:plain
隙間からチラ見
f:id:momochen:20170410164920j:plain
ラファエッロ ひわの聖母
f:id:momochen:20170410165015j:plain
ダ・ヴィンチ 受胎告知
f:id:momochen:20170410165051j:plain
ダ・ヴィンチ マギの礼拝
f:id:momochen:20170410165120j:plain
ミケランジェロ 聖家族
f:id:momochen:20170410165151j:plain
カラヴァッジョ メデューサ
f:id:momochen:20170410165237j:plain
カラヴァッジョ イサクの犠牲

3時間ぐらいいたかな?

f:id:momochen:20170410165349j:plain
今日はピスタッキオと、お店のシニョーラおすすめの[モナ・リザ(林檎、レーズン、コニャック)]。

f:id:momochen:20170412020148j:plain
美術館ついでにピッティ宮へ。
ラファエッロが好きなのでパラティーナ美術館に行きます。
f:id:momochen:20170412020238j:plain
共通券のみ。パラティーナと近代美術館。

まずは近代美術館

f:id:momochen:20170412020411j:plain
見たことある絵
f:id:momochen:20170412020503j:plain
この絵に近づきすぎてブザー鳴らしました(笑)

からのパラティーナ美術館

f:id:momochen:20170412020615j:plain
ラファエッロがない!
f:id:momochen:20170412020700j:plain
お出掛け中?修復中?
f:id:momochen:20170412020752j:plain
ラファエッロ 小椅子の聖母
f:id:momochen:20170412021000j:plain
ラファエッロ 大公の聖母
f:id:momochen:20170412021041j:plain
ラファエッロ ヴェールの婦人?
f:id:momochen:20170412022303j:plain
多分ルーベンス
f:id:momochen:20170412022345j:plain
ここからもドゥオモ見えます

美術館のあとは遅めのランチ。
f:id:momochen:20170412021959j:plain
シーフードリゾット
完璧なアルデンテ!魚介のうまみたっぷり。しかし、これしきで満腹。やっぱり胃袋ショボいわ。

さて、今日は是非ともクーポラに昇りたい。

チケットは共通券のみで、クーポラ、クリプタ、鐘楼、ドゥオモ美術館、サン・ジョヴァンニ洗礼堂に入れます。洗礼堂の向かいに専用の売り場あり。クーポラ、鐘楼、美術館の予約もできます。

クーポラの上でサンセットを見たいので18時に予約して、荷物を置きにホステルへ。階段昇る時は身軽な方がいいのでチケット、鍵、スマホだけ持って出発。
f:id:momochen:20170412023803j:plain
予約してても並びますよー
f:id:momochen:20170412023741j:plain
共通券と予約のバウチャー両方必用。バウチャーしか持ってなくて追い返されてる人いたから注意。

クーポラの階段は463段。

数日前にウルムの768段を制した私は余裕でしょ、と思ってたらまあまあしんどかったです。。
f:id:momochen:20170412024045j:plain
途中クーポラの内側に出ます。人がどんどん来るから立ち止まれないけど、ヴァザーリの天井画を間近に見れます。

f:id:momochen:20170412023724j:plain
昇りきりました。まだ陽が高い。瓦がオレンジに統一されてるヨーロッパっぽさが大好き。

フィレンツェの歴史地区は世界遺産に登録されていて、近代的な建物はありません。

ずっと見てても飽きない景色。
冷静と情熱のあいだ』そのまんま。あの映画を見て絶対フィレンツェに行きたいと思った。
f:id:momochen:20170412023841j:plain
クーポラの影

ここでサンセットを見たい人は多いらしく、どんどん人が増えてきてぎゅうぎゅう。
f:id:momochen:20170412023901j:plain
結局1時間ぐらいいましたけど、美しいサンセットが見れました!

夜は同室のドイツ女子とビールを飲みにBarへ。
私のむちゃくちゃな英語に付き合ってくれるいい子。

盛りだくさんの1日終了。

フィレンツェに来られて本当によかった。

【旅の予算】※食費などは省きます
ウフィッツィ美術館:€17(内予約料€4)
ピッティ宮:€13
ドゥオモ共通券:€15

27/03/2017 Bologna-Firenze①

【花の都フィレンツェ

ボローニャからFlixbus€5でフィレンツェにやってきました。

以前イタリア来たときにフィレンツェ行ってなくて、友達に『イタリア行ってフィレンツェ行かないなんてありえへん』と言われた。。

そうだけどさ、その時はツアーでフィレンツェはプランに入ってなかったんです。

ようやく来ることが出来ました。

ここまであわただしく動いてきましたが、フィレンツェはのんびり4泊します。

まだチェックインの時間には早いので、ホステルに荷物預けて出かけます。

まずは中央市場の下見へ(買い物は後日)。
とりあえずお腹すいたので、2階のフードコートでピッツァ・マルゲリータとプロセッコでランチ。
f:id:momochen:20170410160932j:plain
途切れないオーダー、ピッツァイオーロ忙しそう。
f:id:momochen:20170410161058j:plain
こちらでは一人一枚は当たり前。私には多いけど頑張って完食。

そのあと1階へ。
f:id:momochen:20170410161124j:plain
f:id:momochen:20170410161141j:plain
f:id:momochen:20170410164100j:plain
・・・何ですか、ここは!楽しすぎるんですけど!
f:id:momochen:20170410164019j:plain
内臓は苦手

ポルチーニ安い!ロックオン!
魅力的な食材がわんさかあります。これは・・・自制心を持っていないとやらかす予感満載。

中央市場を後にし、フィレンツェのシンボル、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)に行きます。
f:id:momochen:20170410161203j:plain
美しい!白・緑・ピンクの色大理石
f:id:momochen:20170410161225j:plain
f:id:momochen:20170410161249j:plain
内部は意外とシンプル
f:id:momochen:20170410161311j:plain
こちらは隣にあるジョットの鐘楼

ドゥオモのクーポラに昇りたかったけど、この日は予約が取れず(要予約)、ウフィッツィもアカデミアも休館日なので、街を散策することにしました。
f:id:momochen:20170410161336j:plain
ヴェッキオ宮を右手に見ながらシニョーリア広場を通り抜け。
f:id:momochen:20170410161357j:plain
ヴェッキオ宮前にダヴィデ(レプリカ)。
本物はアカデミア美術館にあります。
f:id:momochen:20170410161414j:plain
ウフィッツィの回廊。休館日なので人はいない。
f:id:momochen:20170410161433j:plain
ポンテヴェッキオ
f:id:momochen:20170410161451j:plain
橋なのに、宝飾店が両側にびっしり。
f:id:momochen:20170410161511j:plain
上部はヴァザーリの回廊。ヴェッキオ宮とピッティ宮を繋ぐ秘密の?通路。

橋を渡ったら、ミケランジェロ広場を目指します。

アルノ川沿いを歩いて途中で脇道に入り、かなりしんどい階段を昇って庭園を通り抜け階段、坂道、階段・・・しんど。。
f:id:momochen:20170410161553j:plain
ミケランジェロ広場。ここにもダヴィデ(レプリカ)。

ここからの眺めが・・・
f:id:momochen:20170410161615j:plain
フィレンツェ市街を一望!頑張って歩いてきた甲斐があった(ミニバスも運行してます)。

f:id:momochen:20170410163221j:plain
疲れたのでジェラート。ピスタッキオ&フラゴーラ(苺)

f:id:momochen:20170410163321j:plain
馬も食事中

【旅の予算】※食費などは省きます
Bologna-Firenze(FlixBus):€5
Hostel archi Rossi(2泊):€38+tax€3

26/03/2017 San Marino

【マイクロ国家シリーズ最古の共和国サンマリノ

ボローニャからフレッチャビアンカ(こだまみたいな)➡リミニ➡バスでサンマリノ

f:id:momochen:20170409183515j:plain
ミスった。フレッチャビアンカ
f:id:momochen:20170409183643j:plain
時間なかったのでパン一切れとヌテラだけつかんでホステルを飛び出してきました。
f:id:momochen:20170409183741j:plain
リミニ到着
f:id:momochen:20170409183801j:plain
サンマリノ行きのバス停
f:id:momochen:20170409183831j:plain
チケットはドライバーから買います
f:id:momochen:20170409183859j:plain
リミニ↔サンマリノ間のバス。これは復路。往路はもうちょっとボロいバスでした。

途中のバス停で降りてロープウェイで入国しようと思ってたのに爆睡してて気付いたら終点( ゚∀゚)
f:id:momochen:20170409184035j:plain
サンマリノのポストは白とブルー

f:id:momochen:20170409184054j:plain
バス停から階段を昇って(リフトもあります)サンフランチェスコ門から入ります。

さらに坂道を進み、展望エリアに行くと・・・

f:id:momochen:20170409184121j:plain
快晴で見晴らし最高!遠くにアドリア海
f:id:momochen:20170409184145j:plain
別方向はこんな感じ

f:id:momochen:20170409184205j:plain
これに乗りたかった😃

f:id:momochen:20170409184222j:plain
ツーリストオフィスで入国スタンプ(€5)

f:id:momochen:20170409184248j:plain
リベルタ広場と自由の女神像

f:id:momochen:20170409184305j:plain
サンマリノ聖堂
f:id:momochen:20170409184323j:plain
内部

f:id:momochen:20170409184342j:plain
黄色のFIAT

f:id:momochen:20170409184421j:plain
石造りの建物が並ぶ市街

サンマリノには3つの塔(要塞)があります。
市街を抜けて順番に行ってみることに。

f:id:momochen:20170409184517j:plain
第一の塔[ロッカ・グアイタ]
f:id:momochen:20170409184535j:plain
第二の塔[チェスタ]が見えてきました
f:id:momochen:20170409184605j:plain
後ろを見るとロッカ・グアイタ。
f:id:momochen:20170409184627j:plain
チェスタ到着。ややこしい?
f:id:momochen:20170409185940j:plain
雰囲気ありますね

f:id:momochen:20170409184700j:plain
かなりの断崖絶壁。みんな怯えながら覗いてました。
f:id:momochen:20170409184752j:plain
この道の先にはおそらく空しかない

f:id:momochen:20170409185257j:plain
崖っぷちまで行くとすばらしい景色が!高所恐怖症の方は無理だと思います。。
f:id:momochen:20170409195738j:plain
第三の塔[モンターレ]はちっさい

自然がいっぱいの中を散策してると気持ちいいです。風は爽やかですがかなり陽射しが強く、勾配も激しいのでなかなかハード。

f:id:momochen:20170409184938j:plain
階段と坂道の連続
f:id:momochen:20170409185013j:plain
サンマリノ多肉植物
f:id:momochen:20170409185033j:plain
このお花たくさん咲いてた
f:id:momochen:20170409185052j:plain
つるが巻き付いた木

f:id:momochen:20170409185549j:plain
市街に戻ってきました。観光客は多いですが、たまたま人がいない路地。
f:id:momochen:20170409185618j:plain
f:id:momochen:20170409185643j:plain
散策中
f:id:momochen:20170409185722j:plain
暑いのでジェラート。ピスタッキオ。めちゃくちゃおいしいわ。いちばん小さいサイズでこのボリューム。

約3時間の滞在でした。サンマリノおすすめです!
他の町かもですが、サンマリノには最近建立した神社があるらしいです。。
f:id:momochen:20170409195355j:plain
サンマリノマグネット

サンマリノからリミニに戻って駅の電光掲示を見ると・・・全ての電車がむちゃくちゃ遅延してる!
( ゚д゚)ポカーン

他のお客さんもポカーン。
二時間以上遅れてるのもある。

私がのる電車はまだ表示されてなかったけど。

しばらくするとホームが表示されたから行ってみたけど、同じホームから出る、違う電車がまだ来てない。私がのる電車はIC(特急)。

しばらくすると遅れてた電車が到着。違う電車だけどボローニャにも停車するみたい。

もしかしたらこれの方が早いかも、と思い、ホームにいた職員をつかまえて
私『Scusi!この電車ボローニャ行くんでしょ。ICとどっちが速い?このチケットで乗れる?』
職員『あなたの電車はこれじゃないから、もうちょっとここで待っときなさい。』
私『ふうん。何分ぐらい遅れてますか?』
職員『5分。多分。』
私『・・・(既に5分以上遅れてますけど)ぐらーっちぇ』
職員『ぷれーご!』

で、結局20分ぐらい遅れました。イタリアは遅延多いなー。でも日本のおっさんみたいに職員に理不尽に怒鳴り散らしたりする人いない。仕方ないなー、アハハ、みたいな感じ。

だって確かに仕方ないもんね。怒って電車が来るわけじゃなし。次の移動に影響すると焦るけど。

【ちょこっとボローニャ

ボローニャに戻ってきました。
もう夕方だし明日は移動で仕度があるので、マッジョーレ広場付近だけちらっと観光しましょう。

f:id:momochen:20170409193926j:plain
メインストリートは歩行者天国になってましたよ。
f:id:momochen:20170409194516j:plain
サンペトロニオ教会。未完成らしいですけど大きくて立派。
f:id:momochen:20170409194536j:plain
内部。
f:id:momochen:20170409194556j:plain
床のラインは17世紀の大型日時計で、冬至夏至黄道12宮が描かれています。
f:id:momochen:20170409194629j:plain
コムナーレ宮(市庁舎)
f:id:momochen:20170409194647j:plain
ポデスタ館
f:id:momochen:20170409194711j:plain
カラビニエリ(国家憲兵)の車両がおしゃれ。さすがイタリア。
f:id:momochen:20170409194816j:plain
路地からドームが見えます。多分サンタ・マリア・デッラ・ヴィータ教会。
f:id:momochen:20170409195412j:plain
ボローニャは回廊が多い。
f:id:momochen:20170409194908j:plain
ボローニャの斜塔。左がガリゼンタ、右がアシネッリ。アシネッリは昇れるけど時間が遅くて入れませんでした。残念。このアングルでは傾いてるかよくわからない。
f:id:momochen:20170409194926j:plain
傾いてた!しかもかなり!いつか倒れたりしないんでしょうか。

ボローニャは中世の茶色い街でした。
f:id:momochen:20170409195431j:plain
ボローニャマグネット


【旅の予算】※食費などは省きます
Bologna-Rimini(TI/往復):€19.80
Rimini-San Marino(Bus/往復):€10
San marino VISA:€5

25/03/2017 Chur-Tirano-Bologna

【Rhätische Bahn レーティッシュ鉄道

今日はクールからイタリアのティラーノへ。

ティラーノからは電車を乗り継いでボローニャまで行きます。

f:id:momochen:20170407233454j:plain
長旅なので朝食もりもり食べる!
f:id:momochen:20170407233511j:plain
ゼンメルでサンドつくりました

レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観』は世界遺産に登録されています。

worldheritagesite.xyz

当初、乗り換えなしのベルニナ・エクスプレス(全席指定)の予定でしたが、2等席の窓側は既に埋まっていました。

このラインを通路側の指定席で過ごすなんて、どう考えても悲劇か拷問。

でも1等席は高い。

というわけで、2回乗り換えあるけどローカル線で行くことにしました(所要時間はたいして変わらない)。

結果、この選択正解でした!

ベルニナ・エクスプレスは窓がはめ殺しですが、ローカル線は開け放題!アルプスの爽やかな風が気持ちいい。しかも左右の景色によって席移動し放題!

車内では皆うろうろしっぱなし(笑)。
絶景の連続で、4時間全然飽きませんでした。


f:id:momochen:20170407233645j:plain
雪いっぱいあるけど寒くない
まだまだスキーシーズン。途中スキー場いくつか見ました。
こんな所で滑ったら最高だろうなー(元ボーダー)。

f:id:momochen:20170407233710j:plain
レイ・ネイル(黒い湖)・・・の筈ですが、雪に覆われてます(笑)。

f:id:momochen:20170407233728j:plain
乗ってる電車

f:id:momochen:20170407233757j:plain
ベルニナ線最高地点の駅 標高2253m

f:id:momochen:20170407233900j:plain
ラーゴ・ビアンコ(白い湖)もほぼ雪に覆われてますが、かろうじて水面見れました。なんて美しい!

f:id:momochen:20170407233933j:plain
アルプ・グリュム駅。この辺りをハイキングする人が多いようです。

f:id:momochen:20170407234227j:plain
みんな写真とりまくり
f:id:momochen:20170407234329j:plain
駅舎かわいい
f:id:momochen:20170407234409j:plain
雪が減ってきました
f:id:momochen:20170407234452j:plain
遠くにポスキアーヴォ湖が見えてきました。どんどん下ります。
f:id:momochen:20170407234515j:plain
ポスキアーヴォ湖。水面に山が写り込んで素敵。

この辺りは、町中を路面電車のように走ります。

f:id:momochen:20170407234541j:plain
ブルジオのオープンループ橋。360度回転します。
f:id:momochen:20170407234625j:plain
回転中
f:id:momochen:20170407234655j:plain
降りてきました

f:id:momochen:20170407234823j:plain
ティラーノ到着 標高429m
最高地点から1829mも下ってきました!
f:id:momochen:20170407234843j:plain
日本語!
f:id:momochen:20170407234859j:plain
箱根(笑)
f:id:momochen:20170407234934j:plain
右がレーティッシュ鉄道の駅、左がトレニタリアの駅。

ティラーノでランチ食べます。どちらの駅にもコインロッカーなかったので駅近のビストロへ。

f:id:momochen:20170407234955j:plain
白ワインと、海老・アスパラガスのパスタ。

f:id:momochen:20170407235013j:plain
時間あるのでカフェも!イタリア、カフェおいしい!

そして、ミラノ行きの電車が遅延しました。。
ミラノで乗り換え一時間あるからドゥオモだけ見に行こうと思ってたのに。残念。

ミラノ行く途中、コモ湖が見えてきれいでした。

ミラノに着いて、悔しいから駅の外に出てみた!
けど、なんかめっちゃ雰囲気悪い。
臭いし怖そうな人たくさんいる。治安悪そう。

怯えて駅構内に戻る(笑)。やっぱり都会は怖いな。

f:id:momochen:20170408001020j:plain
ミラノからはitaloでボローニャへ。
ホステルの場所がわからなくて、近くにいるはずだけどうろうろうろうろ。暗いし。

良く見ると、インターフォンのところにホステルの名前書いてました。まあよくあること。 

今日はもう遅いので、1日電車乗ってて疲れたし、出かけずに寝る!

【旅の予算】※食費などは省きます
Chur-Tirano(RhB):CHF64
Tirano-Milano(TI):€11.50
Milano-Bologna(italo):€19.90
DopaHostel(2泊):€50

24/03/2017 Augsburg-Vaduz (Fürstentum Liechtenstein)-Chur

公爵家のワインを求めて】

アウグスブルクを発つ日。

ブーフローエで乗り換え、オーストリアを通過し、スイスのザンクト・マルグレーテン乗り換え、ザルガンス。さらにバスに乗って辿り着いたのは、、

世界で6番目に小さい国「リヒテンシュタイン」の首都「ファドゥーツ」です。

f:id:momochen:20170407010050j:plain
ブーフローエでミルヒカフェ
f:id:momochen:20170407010109j:plain
途中のリンダウは
f:id:momochen:20170407010230p:plain
湖に浮かぶ島なので
f:id:momochen:20170407010249j:plain
橋を渡るとき電車内からボーデン湖が見えます
f:id:momochen:20170407011103j:plain
f:id:momochen:20170407010306j:plain
ザンクト・マルグレーテン駅前の銀行で50フランだけ引きだし
f:id:momochen:20170407010322j:plain
ジュースとサンドでブランチ@train
f:id:momochen:20170407010338j:plain
ザルガンス到着。コインロッカーが8フラン。高すぎてびびる。さすがスイス。
f:id:momochen:20170407010401j:plain
リヒテンシュタインバス。12Eまたは11がファドゥーツ・ポスト行。
f:id:momochen:20170407010416j:plain
チケットはドライバーから買いました

f:id:momochen:20170407010435j:plain
まずはツーリストインフォで入国スタンプGet
有料ですけど記念に!5フランです

f:id:momochen:20170407010515j:plain
天気が良くて暖かくてお花が咲いてて鳥が鳴いてる。春ですね。

葡萄畑や民家のある辺りは観光客(というか人が)少なくて、のどかで散歩が楽しい。

f:id:momochen:20170407010546j:plain
赤い家 農家

さて、ファドゥーツにはリヒテンシュタイン公爵の
葡萄畑があって、ワインを作っています。

f:id:momochen:20170407010629j:plain
葡萄畑の中を通って
f:id:momochen:20170407010706j:plain
直営のワインセラーHofkellerei de Fürsten von Liechtensteinでワインを買うことに。
f:id:momochen:20170407010727j:plain
外観

ソムリエールとしては、飲んだことのないリヒテンシュタインのワインは気になります。

生産量が少なく基本輸出はしていないようですので飲みたい方は現地に買いに行ってください。笑

f:id:momochen:20170407010757j:plain
目の前の畑で収穫したぶどうで醸造した、ピノ・ノワールの白ワインを購入。

ピノ・ノワールなのに白ワイン!でもめっちゃおすすめ!っておじさんが言うからこれにしました。楽しみですね。

さて、私は『ルパン三世カリオストロの城』がめちゃくちゃ好きなんですが、アニメに出てくるお城はリヒテンシュタイン城をモデルにしています。

でもちょっと待って。そのお城はここ、リヒテンシュタインにはありません。

リヒテンシュタイン城はドイツにあるのです!しかも結構行きにくい場所に!綴りも違います!

で、当初ウルムを拠点にリヒテンシュタイン城に行く予定が・・・3月はcloseしてると。
(;Д;)(;Д;)(;Д;)(;Д;)

だからリヒテンシュタインに来たわけではないけど、いつかリヒテンシュタイン城(ややこしい?)にも行きたいと思います。

f:id:momochen:20170407011621j:plain
憧れのリヒテンシュタイン城(南ドイツ観光案内サイトより)

f:id:momochen:20170407010830j:plain
リヒテンシュタイン公国のファドゥーツにあるのはファドゥーツ城。山の上にあるやつ。お間違えなく。。
f:id:momochen:20170409195833j:plain
リヒテンシュタインマグネット

【アルプス越えの拠点の街へ】

ファドゥーツ・ポストから再びバスでザルガンスに戻り、荷物をピックアップして電車でクールへ。
f:id:momochen:20170407010938j:plain
これでほぼスイスフラン使いきった

今日はここに泊まります。
f:id:momochen:20170407010917j:plain
シングルルーム、シャワー・トイレ共用。家具が全部白でかわいい。床たわんでるけど。洗面台水漏れするけど(笑)。

荷物を置いて散策へ。スイスのガイドブックは持ってないのでレセプションで地図をもらって出かけ、、、たのはいいけど地図見てるのにむちゃくちゃ迷いましたよ。。

f:id:momochen:20170407011040j:plain
ポスト広場にベルニナ・エクスプレスの車両が展示されてました。
f:id:momochen:20170407011138j:plain
マルティン教会
f:id:momochen:20170407011156j:plain
大聖堂
f:id:momochen:20170407011222j:plain
坂の上からぶどう畑・市街・アルプス

明日は今回の旅のメインイベント、アルプス越えです!

【旅の予算】※食費などは省きます
augsburg-Sargans:€19
Sargans-Vaduzpost(LIEmobil Bus)往復:CHF16
Sargans-Chur:CHF11.40
Hotel Drei Könige:CHF71

23/03/2017 Nördlingen-Ulm

【階段を昇りすぎる日】

今日は日帰りで2つの街に行きます。

今日もバイエルンチケットでお得に移動!
f:id:momochen:20170406202924j:plain
朝食。ケーゼブレッツェル。

まずは1500万年前に落下した隕石のクレーターの上に築かれた、完全に円形の城塞都市「ネルトリンゲン」
アウグスブルク⇒ドナウヴェルト乗換で1時間強。

f:id:momochen:20170406201413j:plain
街の入口
f:id:momochen:20170406201448j:plain
城壁。この高さでは防げるのは3m級までやな。
f:id:momochen:20170406201609j:plain
城壁の上は歩けます
f:id:momochen:20170406201657j:plain
聖ゲオルク教会塔(通称ダニエル)に登ります。
f:id:momochen:20170406201816j:plain
塔の上から。ちょっとけむってるのが残念

階段は350段。料金は途中まで昇った所で支払い。
f:id:momochen:20170406203011j:plain
この塔には「ヴェンデルシュタイン」っていう猫が住んで?るみたい。この猫、ネルトリンゲン市の職員らしい。

でも今日はおでかけ中みたいで会えませんでした。
f:id:momochen:20170406202009j:plain
教会の中
f:id:momochen:20170406202042j:plain
教会前の広場
f:id:momochen:20170406202115j:plain
空から見るとこんな感じ。まるい。

次はウルムへ!

目指すのは『ウルム大聖堂』その塔は世界一の高さを誇り、161.53m階段768段。Σ(・∀・|||)

私が人生でいちばんしんどかったのはヴァチカンのサンピエトロ551段。

しかも今日はネルトリンゲンで既に350段やらかしてる。

いけるかな、しんどいからやめよかな、でも、じゃあ何しに来たん?てなるやん。
f:id:momochen:20170406203047j:plain
た、高い!

葛藤のあげく、のぼりましたけどね。
f:id:momochen:20170406203131j:plain
試練へのドア
f:id:momochen:20170406203202j:plain
全然途中。鳩は階段昇らなくてよくていいですね。
f:id:momochen:20170406203346j:plain
着いたー!と思ったらまだでした。この筒みたいな中にさらに狭い螺旋階段。
f:id:momochen:20170406203322j:plain
上からの景色。眺めより昇りきった達成感に酔いしれる。頑張ったな。
f:id:momochen:20170406203628j:plain
フハハハ、人がゴミのようだ!(むすか)

もう、むちゃくちゃしんどかったです。
心臓爆発するかと思うぐらい心拍数あがるし。

脚めっちゃだるいし。

しかし世界一を制して満足。
ウルムに行かれたら必ず上ってください。

ちなみに地上におりたときは足がふわふわしてました。(笑)
f:id:momochen:20170406203743j:plain
大聖堂の中で休憩
f:id:momochen:20170406203808j:plain
こちらのステンドグラスの一つに、ウルム出身であるアインシュタイン特殊相対性理論の関係式が記されています。
f:id:momochen:20170408163210j:plain
かなり見つけにくいですけど。

さて、これだけで終わるのもアレなんで町を散策に出かけます。

f:id:momochen:20170406204012j:plain
シーフェスハウス『傾いた家』傾いてる!今はホテルです。
f:id:momochen:20170406204124j:plain
肉屋の塔
f:id:momochen:20170406204203j:plain
ドナウ川。天気がいいので川沿いの芝生でピクニックしてる人がたくさんいましたよ。
f:id:momochen:20170406204316j:plain
雰囲気あるなー
f:id:momochen:20170406204342j:plain
ウルムは町歩き楽しい
f:id:momochen:20170406204418j:plain
ベランダの柵の上にミニチュアハウス!かわいすぎる( ☆∀☆)
f:id:momochen:20170406204522j:plain
アインシュタイン(笑)
f:id:momochen:20170406204554j:plain
お腹すいたけど時間ないから、困った時のnordsee!フィッシュフライサンドを満員の電車の中で食べながらアウグスブルクに帰ります。

それにしても、今日は階段昇降合計2236段。

階段変態レベル。

【旅の予算】※食費などは省きます
Bayern-Ticket:€25
ダニエル:€3.5
ウルム大聖堂の塔:€5

22/03/2017 Würzburg-RothenburgODT-Augsburg

【ロマンティック街道を南下】

今日はこれを使ってローテンブルク、アウグスブルクへ行きます⬇
f:id:momochen:20170327063522j:plain
バイエルンチケット
AM9:00-使える(週末は終日)お得なチケット。
バイエルン州の電車乗り放題。
ただし白い電車(特急とか)には乗れません。
日本の青春18きっぷみたいなんです。

f:id:momochen:20170327063603j:plain
好物を買って電車で食べる

ローテンブルクは正式には
Rothenburg ob der Tauber
ろーてんぶるく・おぷ・であ・たうばー

Rothenburgってついてる駅は他にもあるので注意です。

ヴュルツブルクからシュタイナッハを経由します。
f:id:momochen:20170327063720j:plain
シュタイナッハに着いたら既に乗換の電車がいました。
f:id:momochen:20170327063903j:plain
f:id:momochen:20170327063756j:plain
駅のホームにコインロッカーがあります。大きいほうで€3

ローテンブルクは城壁に囲まれた小さな街で、入口は何ヵ所かありますが、電車で来る場合レーダー門が最寄です。
f:id:momochen:20170327063835j:plain
レーダー門

f:id:momochen:20170327063956j:plain
マルクス
後ろの建物の上にコウノトリの巣!

アルザスでは巣だけでしたが、この巣にはコウノトリいました!
f:id:momochen:20170327064122j:plain
市議宴会舘
仕掛け時計はタイミングが合わず見れませんでした。
f:id:momochen:20170327064236j:plain
うろうろしてたら城壁に辿り着きました。
城壁の上は一周できるみたい。
少しだけ歩いてみる。
f:id:momochen:20170327064306j:plain
かなり狭い通路です。
f:id:momochen:20170327064500j:plain
城壁からの景色
f:id:momochen:20170327064543j:plain
この階段は...入れませんがさらに上にいくようです
f:id:momochen:20170327064752j:plain
途中で降りたら聖ヴォルフガング教会
f:id:momochen:20170327064831j:plain
素敵な建物。街並みかわいい。
f:id:momochen:20170327170238j:plain
ボックスボイテルの空瓶がオブジェに!
f:id:momochen:20170327064924j:plain
ガイドブックなんかによく載っているプ
レーンライン
f:id:momochen:20170327065045j:plain
中世犯罪博物館
入りたかったけど営業時間外
中世の拷問道具とか展示されてるらしい。

舘外に何点かそれらしきものが
f:id:momochen:20170327165955j:plain
ローテンブルク名物の揚げ菓子『シュネーバル』

味はまあ普通です。ぼろぼろ崩れるわ、粉糖まみれになるわ、非常に食べにくいお菓子です。。

これはミニサイズですが、大きい方は直径10㎝ぐらいあります。

二時間ぐらい観光して次へ移動します。

シュタイナッハへ戻り、乗り換えてトロイヒトリンゲン、また乗り換えてアウグスブルク到着。
f:id:momochen:20170327170334j:plain
ホステルにチェックイン

お腹すいたから今日はごはん食べにいこー。

その前にサクッと観光。
f:id:momochen:20170327170049j:plain
大聖堂
f:id:momochen:20170327170136j:plain
内部
f:id:momochen:20170327170410j:plain
モーツァルトのお父さんの生家
f:id:momochen:20170327170537j:plain
市庁舎 双頭の鷲と松ぼっくり
f:id:momochen:20170327170454j:plain
怪しすぎるぐらい細い道の先にあったレストラン
f:id:momochen:20170327170606j:plain
とりあえずビール&シュヴァーベン地方の郷土料理『マウルタッシェン

挽肉とほうれん草入りラヴィオリ+チーズ
思いの外おいしかった。

f:id:momochen:20170409195926j:plain
ローテンブルクマグネット

【旅の予算】※食費などは省きます
Würzburg-RothenburgODT-Augsburg:€25(Bayern-Ticket)
Übernacht Hostel(2泊):€42